風俗で初めてお尻をいじられた

プレミア感のある子でしたね

別にそこまで特別な風俗店って訳じゃないんですよ。彼女がいたお店は本当に普通なんです。高級店とかではないんですけど彼女からは特別感と言うか、プレミア感のようなものがありましたね。それもまた、ある意味ではこちらの満足度を左右するものでもあったので、それはそれで面白いなと。風俗って相手の女の子との間合いと言うか距離感と言うか、どんな時間になるのかが大切ですけど、それはこっちの努力だけで決まるものではないですよね。むしろ相手の存在感の方が大きいと思うんですけど、彼女の非日常の中でもさらに非日常なあの空気。それがとっても魅力的だったんですよ。そのおかげで特別な時間を満喫することが出来たんじゃないのかなって思っていますし、彼女との濃密な時間を満喫することが出来たというだけでも彼女を指名した甲斐だけではなく、風俗で遊んで良かったなって思えるほどに素晴らしい時間を過ごすことが出来たんじゃないのかなって思っています。

ソープにロマンが隠されていた

ソープにはロマンがありました。ロマンが隠されていたと言っても良いかもしれません。それまでソープはそこまで遊んだことがなかったんですけど、風俗の体験談を読んでいるうちに、自分も是非とも楽しんでみたいなって気持ちになって行ったんですよね。ソープって自分には何となくですけどハードルが高い風俗のように思っていたんですよ。自分は風俗は気軽に楽しみたいので、予約もしません。ふとお店に立ち寄ったり、あるいは電話でデリヘル嬢を呼んだり。それらからすると、ソープはきっちりしているので自分には向いていないんじゃないかなって思ったんですけど、実際にはそんなことはありませんでした。むしろソープ、結構良いなって思ったくらいです(笑)ソープは他の風俗と比べて、自分の自由度が高いような気がしますね。抜いてもらうんじゃなく、自分からも積極的に動いて快感を追求出来るじゃないですか。そこが他の風俗にはないソープのロマンだなって。