風俗で初めてお尻をいじられた

風俗はドラマだって潜んでいるからこそ

まさか…というか信じられないというか、あれこそドラマそのものですよね。風俗でドラマといえば体験談ではいろいろと見かけますけど、それはあくまでも体験談だからこそであって自分がそんなシチュエーションになることってあまり想定していないんです。だからこの前、指名した風俗嬢がかつての会社の後輩だった時にはさすがにびっくりしましたよ(苦笑)その後輩は既に退社したんです。確か留学するからとかそんな理由だったんですけど、留学先ではなく風俗で会うだなんて思いもしないじゃないですか。彼女はかなり気まずそうな表情を見せていましたけど、むしろその気まずい表情がこちらのモチベーションを高めてくれたんです。知らない相手にそんな表情をされたら嫌ですけど知っているんです。だからこちらの気持ちの導火線に火が付いてしまったんですよね(笑)それに、かつての後輩の裸体を拝んだり、後輩に奉仕されるというシチュエーションが想像以上に興奮しました。

新鮮さをコントロールですね

新鮮さというのは自分でコントロールすることもまた、大切だと思っていますので風俗で遊ぶ時には新鮮さをそこねないよう、自分なりに気を付けていることも多いんです。特に風俗は楽しいものなのでついつい遊びすぎてしまうことも珍しくないんですよね(笑)そんな前のめりな気持ちにブレーキをかけるべく、自分なりにコントロールして陰線さを損ねないよういつも気を付けているんです。そこまで意識するようなことではないのかもしれないんですけど、風俗に飽きたなって思うのも嫌じゃないですか。それに、たまに遊ぶくらいの方がやっぱり新鮮な気持ちになれるのは間違いないんですよ。だから言うなれば「マイペース」に遊ぶくらいが丁度良いんじゃないのかなって思っています。まぁついつい楽しみたくなってしまうので、そのペースを勝手に乱してしまう時もあるんですけど、あんまり風俗ありきにならないよう気を付けているつもりではいるんですよね。それが健全かなと(笑)